トップページ
 
作品紹介
モニュメントの設置場所
経歴紹介
本人紹介・個展情報・コンタクト方法
展覧会のお知らせ
ご購入方法
リンクについて
トップページ
 
展示品
展覧会情報 展覧会案内状
・ただいま開催中の展覧会の紹介をいたします。
NEWS! 今月11日より「刻む人」開催開始!案内状が出来上がりました。無料で郵送致します。こちらよりどうぞ。
展覧会情報
最新の展覧会情報はこちら>>
三人展「刻む人」は4/3をもって開催を終了いたしました。
沢山のご来場ありがとうざいました。心よりお礼申し上げます。

展覧会の模様を一部公開いたしました。こちらよりご覧ください。
刻む人
 
富田文隆・平出豊・三谷慎 三人展
 
期 間: 第1会場   2005年2月11日(金)〜4月3日(日)高崎市美術館 (群馬県高崎市八島町110-27)
  第2会場   2005年3月1日(火)〜4月3日(日)高崎哲学堂 (群馬県高崎市八島町82)
 
平出 豊《小径》2004年
Photo:新井 眞一
  富田 文隆《王座》1992年
Photo:沢口 彰二
  三谷 慎《セレナのトルソ 月の光》1994年
Photo:沢口 彰二
 
高崎市美術館ではこれまでに高崎市および群馬県にゆかりのある作家をご紹介してきました。今回ご紹介するのは木工作家の富田文隆(とみた ふみたか)、銅、真鍮など様々な材質を用いて作品をつくる平出豊(ひらいで ゆたか)、ブロンズでの人物像やレリーフを手がける三谷慎(みたに しん)です。彼らはくしくも同じ1953年に生まれ、現在群馬県を制作拠点とし立体造形に取り組んでいる作家たちです。
目まぐるしく変化するこの世界で、彼らは氾濫する情報に流される事なく、真摯に素材と向き合い、己の手と魂を信じ、作品を作り続けてきました。パソコンや携帯の画面からの情報を知識とするのではなく、自分の頭で考え、自分の身体で体験をし、物事を知り、追求し続ける─彼らの作品は人間が人間らしくあるための大切なことお語りかけているようです。
同じ時、そして自らの思いを作品に刻んできた男たち─本展では彼らの代表作から新作まで約100点を第1会場(高崎市美術館)、第2会場(高崎哲学堂*)にてご紹介します。
* 高崎哲学堂
群馬県における芸術活動のパトロン的存在であった実業家・井上房一郎氏が生前住んで建物。井上と深い交流のあったチェコ生まれの建築家で日本近代建築に大きな貢献を果たしたアントニン・レーモンドの自邸の写しである。 高崎市都市景観重要建造物第1号。
(文および画像:高崎市美術館より)
展覧会に興味のある方に無料で展覧会案内状を郵送いたします。
数に限りがありますのでお早めにどうぞ。案内状を画像で見たい方はこちらから
  ホームページを見る
 
開館時間:
第1会場   午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
第2会場   午前10時〜午後4時(入館は午後3時30分まで)
休館日:
第1会場   2月14日、21日、28日、3月7日、14日、22日、28日
第2会場   3月7日、14日、22日、28日
入場料: 一 般 500(400)円、大高生 300(250)円 、中小生 200(150)円、第2会場(高崎哲学堂)は無料
*( )内は20名以上の団体料金
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付をうけた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、未就学児は無料となります。
毎週土曜日、市内の小中学生は無料となります。
後援: 朝日新聞前橋総局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、日本経済新聞社前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞東京本社前橋支局、NHK前橋放送局、群馬テレビ、エフエム群馬、ラジオ高崎
協力: 財団法人 高崎哲学堂
場 所: 〒370-0849 群馬県高崎市八島町110-27
TEL.027-324-6125 FAX.027-324-6126
交通案内/JR高崎駅西口より徒歩3分
駐車場: 高崎市美術館にご来館のお客さまは、南小学校前の「駅前駐車場」(立体駐車場)を
ご利用ください。美術館受付にて1時間無料券をお渡しいたします。
 
   
関連事業: ワークショップ「手捻りの世界─ブロンズで小さな彫刻をつくろう」
講師   平出 豊
日時   2月13日(日)、3月20日(日) 午前10時〜
対象   一般、定員/15名、費 用/5000円
  ワークショップ「木の枝つかってスタンド(ランプ)づくり」
講師   富田文隆
日時   2月26日(土) 午後1時〜
対象   小学生以上 、定員/15名、費 用/2000円
  ワークショップ「レリーフに挑戦!」
講師   三谷 慎
日時   3月5日(土)・6日(日)
対象   一般、定員/15名、費 用/4000円
 
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
 
▲ページトップへ

Copyright(c),2005 All rights reserved by y.hiraide